にこめの夢いきます。
続きを読む >>

連続して発生したアンラッキーイベンツを記録し続けていますが、めんどくさくなってきたので、ちょっとおやすみします。

かわりに、最近へんな夢をよく見るので、それらについて記録してゆきたいと思います。



まずひとつめは、大きな地震の夢です。三日連続で見ました。こわかった。

一日目は、東京のとある街角で地震を体験する夢でした。地元のかたの誘導で体育館に避難しました。とても大きな建物でしたが、ぎっしり人がいる状態で、さらに大きな地震が起きました。たくさんの人が亡くなりました。

二日目は、宮城の地震でした。ビルの入り口に、母と二人でいたのですが、その周辺が火事になってしまいました。炎の中に、自分達の荷物や人がいたので、思いきって飛び込みました。

三日目は、自宅にいるときに地震が起きました。体験したことがないくらいの大きな地震だったのですが、眠かったのでそのままベッドに入って寝ました。

夢の中で寝ること、よくあるんだけど、なんなのよ、これ。

2013012317330000.jpg

今年のなまおと初めはPatti Smith and her bandでした。

仙台Rensa初めなまら。

やっと到着。

なんとかの門。ここから入る。ちなみに、入口は何か所かある。


モダンタイムズ志向の弘前ねえさんと別れて、弘前城の方向へずんずん進む。
裁判所が見えてきた。

これなにかな?

あちこち撮影をしていたら、知らぬ間にお昼になっていた。
そうだ、カレーを食べよう!コーヒーとカレーの店だという。



ところで、青森のカレーはボリューミー。青森県立美術館のカレーも3割ほど食べて「やばい、食べきれねえ」と気づいた。結局残した。

しかし、このコーヒーとカレーの店はカウンターに座ってしまい、なんとなく店主の方に残したら悪いなぁ・・・という気持ちがわいてしまった。美術館カレーと同様に3割ほど食べて危険を感じたが、それでも心を無にして食べ続け8割ほど食べたときに自分が前日お酒をたくさん飲んでしまったことや風邪をひいていることを突然思い出した。そして、おもいっきりリバースしそうになった。空になりつつある目の前のお皿の上に手間暇かけてつくったドライカレー的なものをこしらえそうになった。でも、こらえた。そして完食した。
その間の心の中の葛藤、きっと忘れない。

そして、どうやら常連さんらしきおばあさんが店主のおやじに「このカレー食べないと年越せないのよぅ」と言っていたのが印象的。そんなごちそう的な取扱い商品だったのか。ありがたいもん食べさせてもらった気分。
ちなみに紅ショウガがでてきたのにはびっくり。調べたら青森のカレー屋さんって紅ショウガが定番なのね。あまり酸味はきつくないタイプだった。

無事、難関を突破。散策にもどる。

前日ひっそりと風邪を引いたため、お酒を飲んであったかくして眠った・・・・

と思ったのに、目が覚めたら起床予定の時間から3時間後だったうえ、なぜか全裸だった。
そして床にはウィスキーのボトルが転がっていた。

全部飲んだらしい。

こんな自分にがっかりだよ。もう、飲まない。ぜったい。


そして、全裸で眠ったんだから当然といえば当然だが、ひどく体の調子が悪かった。
でも、無視して計画を実行することにした。
今回の感触は結構よかったです。 前回はリスニングもリーディングも「はて?」と感じることがしばしばあったのです。受験後はあまりのふがいなさに、半泣き&放心してしまいました。そっこーTOEICのリーディング用テキスト購入したし。なんにでもすがりたい気持でいっぱいでした。

今回の手ごたえはなかなかよい。もちろんパーフェクトじゃない、けど。前回に比べりゃずっといい。リスニングはケアレスミスさえなければ。リーディングは、最後の長文が10問くらい残っちゃいましたけど、各問題を「よし、これが答えだ」とおもってマークできたし。特にTOEIC用の勉強はしなかったんですが、やっぱり毎日勉強することが大切なんですね。

それにしてもリーディングとリスニング問題のレベルにかなりの差があるような気がするのは私だけでしょうか?リスニング簡単すぎない?これは単に私の能力がアンバランスだということを示しているだけでしょうか。まあ、そうなんだろう。

次は中検があるので受験できないんですけど、たぶん来年のはじめに受けるだろう。今回のスコアがあんまりにヒドかったら、中検蹴って受験しなきゃ。

次の抱負・・リーディングセクションを全てクリアすること。リーディングスキルをアップさせる。(飛躍的に)

今日は脳みそを鑑定してみました。どうやら脳の性別を判断するようです。

20040415132733.jpg
モブログり方がいまいちわからない。
とりあえずやってみた。 画像は今はやりの「PRIDE男祭り弁当」。