昨日は渋谷に行きました。
骨殺しナイトだったからです。

たくさんにたまごにたまごにたまごさせられていま手首が痛いです。
きのうのハイライトはダットサンさまの復活でした。よかったです。かずひろさんはあつい男だなーと思いました。美しいシーンがたくさんのライブでした。



そして、その横にはアブリルラビーンがいました。

アブリルラビーンさんはおかまでぶすででぶで歯並びが悪いと言われていました。でも私より全然ぶすじゃないです。ちょっとぽっちゃりめでウィッグの手入れがへたくそな中年男性だと思います。全然ぶすじゃないです。たしか全然ぶすじゃなかったような気がします。


見た目なんかどうでもいいと思います。人間にとって大事なのはハートです。



さて、大王ホネヌキマンさまは新しい棺桶でご登場なさいました。ガチの棺桶でした。棺桶って普通1回閉じたら、そのまま火葬して終わりっていう消耗品だと思うのですが、あんなに出たり入ったり、あっちこっちに運んだりして耐久性は大丈夫なのかな?って心配になりました。

ホーミダイで感動的な手話をなさったあと、ホネヌキマンさまは「今日はなんの日ですか?」と民どもにご質問なさいました。

私は「ドラえもんの誕生日だな……」と思いましたが恥ずかしかったので黙っていました。ヤングレディーが「ドラえもんの誕生日!」と元気にお答えあそばしました。するとホネヌキマンさまは「手を挙げてから答えるように!」とお叱りになりました。

どこで叱られるか分からない。そんなところが大王の魅力のひとつであります。

そして予想通りゲボえもんが登場しました。ブルーの肉感的なボディがいつにも増してぷるぷると輝いていました。

久しぶりのピアノゾンビさまのライブたのしかったな。アブラビーンさんも言ってたけどAKP氏はほんとにかっこよいよね。なんか昨日は泣いちゃいそうなところが何度かありました。



ゾンベもいたよ。



手書きちらしももらったよ。

五月のワンマン前のアンケートで「またやって欲しい演出はなんですか?」っていう質問があったんだけど、私は棺桶と手書きちらし復活してほしいって書いたから、昨日はすごくうれしかったですー。

ゲボえもんのボディをみたら安心してしまい、帰りは三度食べたらやみつきになるかむくらを食べてしまいました。



三度会ったら骨抜きになる大王さまの事を想いながら食べました。


おれたちはV系バンドじゃねーロックンロールバンドだ!って言ってたのかっこよかったな。何系バンドでもいいです。ホネヌキマンさまがいれば世界で一番かっこよい世界平和骨抜きバンドなんだと思います。





あ、そういえば白さが命のホネヌキマンさま、昨日はおしりが黒っぽくなってました。なにか事件でもあったのかな。





おわり
関連する記事